たまごとおさとう

atelier58.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 10日

文法は苦手

 週一で行うこととなった勉強会、第二回目は、先週の復習からスタート。
この復習問題がIにとっては難しく、開始早々根を上げる。
Lesson7を仕上げるのに1時間もかかってしまった。なにせ、語彙がない、カンタンな文法もうろ覚えである。動詞とbe動詞の使い分けさえ危ういのだ。判っていないわけではない。解くメソッドを持っていないというか。とにかく演習が足りなすぎな感じがする。
もっと数をこなせるワークブックをやらせたほうがいいのかな。。。

 今日はLesson10まで進むのがやっと。
しかも、休日にまとめてやるのは辛いと言われてしまい、1日1Lessonずつ行うことになってしまった。
これは、私にとっては非常に辛い(><)
仕事が忙しく帰りも遅いのに、帰ってからIのお付き合いまでするなんて!!

そうじゃなくても、私は忙しいんだぞ~!!


 
[PR]

# by atelier_58 | 2013-09-10 14:51 | つぶやき
2013年 09月 05日

文法

 英語が大の苦手であるIが、テキスト6日分を1日で仕上げるのは大変なことである。
テキストは、まず、解説文を理解して、演習問題を解く。これを6日分やるのだ。
テキストは読みやすく、文語と口語を織り交ぜて書かれており、彼も「この本わかりやすい」と言った。

しかし、敵はやはり英語である。
しかも、文法ときている。

まず、SVから、これは判る。
次のSVO、これも何とかクリア。
で、SVOCとSVOO。
みなさんは覚えておられるだろうか。
たとえば
He calls her Mary.はSVOC(のはず)。 O=Cの関係が成り立つ。

そして、副詞が登場。seldom や often という頻度をあらわす副詞や wellなど程度を表す副詞。
頻度は動詞の前、wellは文末。とか。(私は)なんとなく経験で判っていることを再学習する。

もうこの辺りになると、頭がこんがらがってくる。(私も)

SVOOはたとえば、I give you a book. など、「~が~に~を○○した」という構文(のはず)
それプラスSVOO文の書き換え問題。たとえば前出の文章だと
I give a book to you.
となる。

なんだかんだ言いつつも、私のほうは問題はスラスラと解ける。
そして、Iが問題を解き終わるまで待って、二人で答え合わせをするのだが、これがIは気に入らない。最初は何が嫌なのか判らなかったのだが、私に待たれる(要は自分のほうが遅い)のが悔しいらしい。
仕方ないので、彼が解くスピードを横目で図りながら、ちょっとだけ私のほうが早く解き終われるように調整してみた。

最後の書き換え問題は良くできた。Iは勉強してないだけで、実は頭は悪くないのだ。

終わりよければすべて良しではないが、最後の書き換え問題が良くできたので、機嫌よく終了することが出来た。めでたし、めでたし。
[PR]

# by atelier_58 | 2013-09-05 09:42 | つぶやき
2013年 09月 04日

えいご漬け

 ひょんなことから、愚息Iと一緒にTOEICを受験することになった。何でそんなことになったかというと、ただの思い付きです(笑)2ヶ月ほど習っている英会話の先生から「受けてみたら・・・」と勧められたこと、Iを誘ったところ、以外にもすんなりOKしたこともあって、初心者の初心者によるTOEIC受験PTはスタートすることとなった。
 なにせ、英語が大の苦手なI。手始めは1ヶ月で中学英語を総復習できるドリルから始めることにした。AMAZONで1単元5Lesson×6 30日分というドリルを2冊購入した。

「1週間に一度、土曜日か日曜日に頭を寄せて英語を勉強しましょう。」

Iは、「ひとりでやる」という。(今まで一人でやって出来たためしがない)
そりゃ、年頃の息子だ。親と一緒に勉強なんてたまったもんじゃないだろう。しかし、そこをなんとか、二人で勉強することを了承させた。

実は私は英語が好きだ。だいぶ錆付いたこの頭をもってしても、Iよりは英語は出来が良い。こないだ久しぶりに思い出したんだけれど、子供の頃は通訳になりたかったくらいだ。
日曜日、文法の基礎から始まったテキストをこなすのに費やした時間は3時間。ふてくされたり、怒ったりするIをなだめて、すかして、何とかやりきった。正直、こんなに時間がかかるとは思ってもみなかった。

今回は本当に文法の基本。SV、SVO、SVOO、SVOC
私もこれは苦手。

問題を解いていると、どうしても私のほうが早く解き終わる。それがIは気に食わないのだ。プライドが傷つくらしい。
「こんなんやったら、一人でやっても一緒」と不満たらたら・・・。
「それやったら、もっと勉強しとけ!」といいたいのは、がまん、我慢。
英会話の先生がいつも私に言ってくださるように
「OK!」
「Great!」
「Perfect!」を連発すると、気分が良くなったのか、最後は上機嫌で終了することができた。

最近の車のCMじゃないけれど、「ほめて育てろ」ってことか?
[PR]

# by atelier_58 | 2013-09-04 21:08 | つぶやき
2011年 01月 20日

3月のレッスン

本当は2月にしたいのですが・・・、たぶん、忙しくって無理だろうな。
すごくおいしいケイクですよ。
b0123533_815482.jpg

[PR]

# by atelier_58 | 2011-01-20 08:01 | お菓子
2010年 12月 18日

褒めるってムズカシイ

人は褒めて育てにゃならん。
言葉の意味はよくわかる。でもね~、そんなふうに育って来てないんだよね。
しかも、頑張ってない人をどうやって褒めればいいのだ?
ついつい、もっと頑張れよっ!って言いたくなる。
何であんなにヤル気がないんだろう?
こんな事してたら、行くとこなくなっちゃうよ、I。
どうしたら、身が入るんだろう?

そんなに嫌なら、全てやめたらいいのに。
[PR]

# by atelier_58 | 2010-12-18 20:39 | つぶやき